肌の乾燥と髪パサつき

妊娠中の美容とケア方法。
妊娠中はとてもデリケートな時期です。肌は乾燥しやすくなり、髪はパサつき、においには敏感になり、ストレスを感じやすくなってきたりもしました。

そして私の場合何よりも下半身のむくみが気になりました。
手と足はパンパンにむくんでしまいました。油断してると検診時に母子手帳にむくみありと記載されてしまう事もたまにありました。
むくみを放置していると妊娠線が出来やすくなってしまう事があるので、必死でむくみとりをしました。その方法は、まずは就寝時の着圧ソックスです。
この方法がむくみを取るのに一番手っ取り早くスッキリする方法です。
着圧ソックスといってもサポーターのような形のものを使用していたので。
就寝時は足に巻き昼間は腕に巻いたりしてむくませない努力をしていました。

次に毎日お風呂上りにマッサージをしていました。
これはむくんでいる水分を流すという理由です。指で流すのは大変なのでリファカラットを使いながらコロコロと丁寧にマッサージをしました。
コロコロとしてれば良いだけなので、テレビを見ながらや、歯磨きをしながら…など、ながらでしていました。
むくみがひどい時は少し押すだけでも本当に痛かったです。
そうゆう時は手を使って揉みほぐしてあげたりしていました。

リファカラットを使ってとても時間を有効にマッサージ出来ました。体の代謝をあげる、体重制限などの健康面を考えてたまに軽いウォーキングをしたりもしました。
時間は約30分間無理のない程度に歩く事です。

ダラダラと歩くのではなく姿勢を正し腕をしっかり振りながら歩く事を心がけました。
早歩きをすると疲れてしまいお腹が張ってしまうので気をつけながら歩きました。あまり早足で歩くのは良くありません。
これが私が実践していたむくみ予防策です。
このおかげで妊娠線もあまりついてしまう事もなく、産後の激太りも防ぐ事ができました。
やはりやるのとやらないのでは全く違います。むくみは危険なものです。少しずつでも良いからむくみ取りをした方が良いです。

ペコちゃんの足マッサージとダイエット