身長ではなく横に太ってしまったのでダイエットを決意した10代!!

初めてダイエットを決意したのは10代の頃です。
成長期ということもあり身長が伸びればいいのですが、横に太ってしまいました。
運動する部活に入っていなかったため必要な運動が不足していることが原因だと思い、ダイエット器具などを購入しました。
食事も制限する必要もあるだろうと母におねだりしてダイエットスムージーを買ってもらったりもしました。

縄跳びを100回飛んだり、腹筋を無理のない範囲でやって毎日運動をするぞ!と意気込んでいましたが
結果は三日坊主で終わってしまい、現在もダイエット器具だけが残っています。
そのあとは一食でもご飯を少なくしようと思い、
学校のお昼ご飯は給食もありましたがお弁当を持参してもよかったため、

お昼だけおにぎりを2個だけ持っていきました。
しかもそのおにぎりは市販されている大きさのものではなく、縦横10cm程の小さいタッパに入る大きさでした。

急な食事制限でしたが、そのあとにお腹が鳴ることはなく、大好きな読書に使える時間が増えたので
一食の量を減らす行為は私に合っていました。
またお腹が減らなかったのはスムージーのおかげだったのかもしれません。
しかし、体重はなかなか減りませんでした。
昼を食べない代わりに夕ご飯を多く食べてしまい
結局は効果がありませんでした。

10代はそれ以降ダイエットを考えても意味がないと思い好きな食べ物を好きなだけ食べて
運動したいときに運動をすると徐々に体重が減ってきたため、考えすぎはいけないんだと思い
ストレスをためないようにする生活が大事だと思いました。

20代になってダイエットを改めてやろうと思ったのは
飲み会に参加する機会が多くなり、お酒やおつまみをたくさん食べてしまいました。
今まで通りのストレスを減らしていくダイエットでは増えた体重は戻せないと思い
また食事制限とダイエットスムージーを始めました。

普段の食事の量を全体的に減らしたり、お昼をカロリーメイトだけにしたり(10代の頃の食事制限をもっとちゃんとすれば痩せる!と思っていました)
この頃は逆に痩せすぎてしまい、40キロ後半だった体重が40キロを切ってしまい、不健康になってしまいました。
ラクレンズの最安値はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です