私の今までにもらった中での頂点

“は、小学校の乳児が昨年の私の生まれに、贈呈してくれたストラップ。
世界で頂点、気持ちのこもったワンポイントもののストラップやリングやネックレスを作ったり講じる作業場にいって、一所懸命ちっちゃな石を研磨したりして、1つづつ石を磨いたり削ったりしてストラップを作ってくれて贈呈してくれたストラップが、頂点嬉しかった贈呈の1つ。
エプロンしてメガネして軍手して、半日かけてつくってくれた系統。
涙が出そうなぐらい嬉しかった。
『マミー、生まれおめでってー』ってニヤリして渡してくれて、家族でごはん食べをめぐって、至って幸せなお目見え会でした。
『マミーは、リングとかネックレスをよく終わるから、翌年はマミーにリングを作ってきて授けるね』って言ってくれて、ずいぶん楽しみにしてる。
おとうさんには、お箸を作って見せるとか言ってたなぁ。わたしが間違えて箸を投げ捨てちゃったから…
どこにいくにもしっかり親子によってお土産を買ってきてくれたり、記憶太陽を大切にしてくれるとっても容易い乳児だ。
自分のほしい物買ったり、自分のために作ったりできるっていいなという思ったりするぐらい。そんなことを、考えてるって、生まれ贈呈とか、何よりも乳児が、私の赤ん坊として、この世に産まれてきてくれたことが何よりも頂点素晴らしい援助なのかもしれない。
頂点、大切にしてあげたいなと想う大切な乳児が、私の一番のお気に入りであると想う。”

もらいものは何でも素晴らしい

“もらいものは何でも素晴らしいものですが、今までもらったものの中で印象深かったものは、恐らくリングだ。
これから何年も前の話ですが(笑)
元恋人からもらったリングは今でも生にとりましてあります。
未だに当時互い高校だったので、デートといえば近くのモールで。
常にいくモールに行った瞬間、何気なしにジュエリー売店をぷらり。
当時は高校だったので、自分の指の体積は何合なんだろうなーくらいの軽い気持ちで面白く試着させてもらい、お店を後にして、Lunchをたべていると、「ちょっとごめんなさい便所!食べながら待ってて!」といった当時の妻がランチタイムを出てしまい、
1ユーザー寂しくめし。
1ユーザーでご飯を食べて待っているといった、ただいまっと戻ってきて、何にもなかったかのようにそれから単に普通にデートし帰宅。
それから2人でTVを見ていると、「はい!それ!」と箱を手渡され、開けてみると正午2人で見ていたペア指輪。
1つで10000一刻。2つで2万一刻始めるリング。
今でもぱっぱと生み出せるような対価ではないのに、ましてや当時は高校。
頑張ってアルバイトしたお金を貯めて貯めて買ってくれたもので、有難くてうれしくて、毎日のように置きました。
その後延々とあり、お別れすることになり、つけることもなくなりましたが、ぼくにおいて、どうしても懐かしいもので嬉しかったサービスだ。
自分もこんな風に引き上げる恋人の心にあるような援助が出来たらというおもいます。”

元付き合っていた旦那からバースデーにもらったスヌーピーのぬいぐるみというお花

おんなじ企業にいたのですが、席を外している間に、スヌーピーの小振りなぬいぐるみが一本だけ赤い花を持って積み荷の上に置かれていた。ちっちゃい花一本だけだったが、ちゃんとペーパーに包まれていて、見た瞬間に感動してしまった。
これから聞いたら、お花屋ちゃんにようやく花を買いに行って、一本だけお願いして包んでもらってきたらしく、大きく思い恥ずかしかったといった照れ臭みたいに言っていた。バースデーが年の暮れなので、忙しくて本当の贈呈は他にあるからといった、持ち越しあらためて贈呈をいただいたが、やっぱりそっちを覚えていない…。
それまで恋からお花なんて貰ったこともなくて、あえてそのために買いに行ってきてくれた場所、大好きなスヌーピーにそれを持たせてコソコソ置いてあったことがやけに心地よくて、今まで一番キャリアにおける贈呈ですな~とおもう。元々、恋からだったら特別高額物でなくても好ましいし、それがちゃんと考えて選んでくれたモノですなと感じたらなおさら嬉しいと思っていたので、こういうサラッとした表現はとても印象的だった。あのお花は枯れても大事にしばし飾って眺めていたものである。
その後系が今一つ良くなくなって、今は至極会いたいとも思わない人だが…あのささやかなサービスのキャリアだけは未だに忘れられないもので、それを超えるものは現在まで他に感じ取れくらいである。

現時点でみんなに色々なものを貰いもので頂いてきましたが、その中でもそれほど一番ありがたく心に留まる貰いものは、20年代の誕生日の際に祖母から頂いた鍵カテゴリーだ。

こういう鍵ケースはロベルタ ディ カメリーノの赤色の鍵ケースでシンプルで大人っぽいプラモデルのものだ。私の下の名称をローマ字で書くとRから始まるのですが、こういうロベルタ ディ カメリーノのブランドロゴマークもRで私の名称という掛けて選んでくれたそうです。また身が赤色が好きで、20年代ので子供くさい美しいプラモデルのものよりも、シンプルな大人っぽいプラモデルのものを考えてくれたそうです。それまで身はまぶしい鍵カテゴリーにおいていましたがアダルトとなって持つには後ろめたいかなと思っていました。但し貰いもので頂いた鍵ケースはアダルトとなってからもシャレオツで使いやすく、大事に使っています。
当時祖母は75年代でイマドキの奥様の喜ぶものがわからないと、もう一度1人のお孫さんやお店の個人や周りの人にだらだら聞いて選んだそうで、そのことをあとから奥さんに聞いて知った時は嬉しさが倍増しました。貰いものの鍵カテゴリー自体も無論うれしかったですが、選んでくれたときの心地が最も心地よくてハッピーなと感じました。
最近身は22年代で世間性分絡み出して2世代経ちます。儲けも生徒の時と違い少しは貯まってきました。昨今幾らか病がちな祖母なので何か元気が出るような貰いものを引き取りにちょこっと遠くに住んでいますが間もなく会いに行きたいなと考えています。

中級者ゴルフスクール 
あのライザップが、ゴルフスクールをはじめました
ライザップゴルフ三田店

わたしが今までベスト嬉しかった進呈は小学校4年生のときにもらった、たまごっちという高いたまごっちのアレンジだ。

その日はクリスマスで家族でマンションにいました。マンションのビジュアルはライトアップで豪華に飾ってあり、マンションのドアにはクリスマスツリーが飾ってありました。進呈は何時もらえるのかという弟ってワクワクして待っていました。すると、ドアのインターホンが鳴りました。弟といった「サンタ様じゃない?」と言いながらワクワクしてドアへ向かい玄関をあけました。そこには大きな白い鞄を有するサンタクロースがいました。
サンタ様は大きな鞄から美しい上の袋用紙で荷造りされたケースを2つ抜き出しました。ただただドアに座り込み弟と共に荷造り用紙をビリビリに破いてたまごっちのケースが見えたときは大喜びしました。
その年齢は両人ともおんなじ進呈だったので喧嘩をすることもどちらかが不機嫌になることも平穏だったと思います(笑)たまごっちを売り払うまではみんなが秘めるような家庭用本番機会やケータイゲーム機会を買ってもらったことがなかったので実際喜ばしくてありがたくて、暇さえあればたまごっちを世話して育てていました。姉弟でおそろいの緑色のたまごっちで色あいズレのストラップをつけて大切にしていました。只今思えば、サンタが昼間に来たのはほんのりおかしなことですが小学校のわたしには「サンタがマンションに来て進呈を手渡してくれた」についてが嬉しくてたまりませんでした。娘ができたらそんなふうにしてあげたいなと見なし、いまでも心に残る頼もしい備忘録だ。

有名なグリーンスムージー ネイチャーリズムが気になる
詳しく紹介してくれているサイトネイチャーリズム

ドラマみまくり休日は大好きなパン食べながら

私はテレビは何でも、よく見る方なのですが、その中でもドラマが大好きです。

朝ドラから連ドラ、そして単発ドラマまで、よく見ます。大好きな低糖工房のパンを食べながら。

最初の方は、見ていたんですが放送が深夜という事もあり、途中で見逃してからは見ていなかった「こえ恋」というドラマが、ありました。

最近、急に思い出して見てみたのですが、そこに何と川栄李奈がでていました。

川栄李奈がででるから見ようと思ったわけではなかったので、川栄李奈ファンの私としては嬉しい誤算でした。

それにしても川栄李奈凄いですね。

朝ドラに出だしたと思ったら連ドラにもでたりして、主役ではなくとも主役と絡む重要な役ばかり。

こえ恋も主役の、幼なじみという重要な役。

AKBを卒業した中で女優としては一番アイドルからの転身に成功してる気がします。

アイドル卒業で転身大成功といえば元ももクロの早見あかりなんかがいますが、それをも上回りそうな勢いです。

まだ重要な脇役という立ち位置ですが、最近のドラマを見ていると、川栄李奈が主演でドラマにでてくる日もそう遠くない気がして楽しみです。

加齢による毛穴の開きと日々奮闘している40間近の女性

加齢による毛穴の開きと日々奮闘している40間近の女性です。

若い頃、毛穴パックに精を出してしまったこともあり、特に小鼻の毛穴の開きにずっと悩んできました。

近頃はすっぴんの状態だと少し離れたところからでも小鼻の毛穴がわかるほどになり、また頬の毛穴も少しづつ目立ち始めていたことから、使っている化粧品を全面的に見直し、そのほとんどを買い換えました。

しかし盲点だったのは日中肌に乗せる化粧品だけではなく、その落とし方にも注意を払わなければいけないということでした。

クレンジングなど何でもいいと思い、薬局で安価なものを適当に買っていたので、化粧を落とす際に肌に負担がかかってるなど考えたこともなかったのですが、いろいろ調べると優しくいたわりながら化粧を落とすことが結局は美しい肌作りにもつながるとのことで、ハッとしました。

確かに、クレンジング剤が肌に合っているかどうかなど気にもせず、化粧を落とした後に肌が赤らんでいても、化粧水を叩き込めば大丈夫、などと安易なことを考えていたのでした。

さっそく肌にやさしいクレンジング用品をと、いろいろ調べてたどり着いたのがDUOという固形タイプのクレンジング剤で、これは手に取ると手の熱で少しずつ溶ける柔らかい感触です。

使ってみるとファンデーションだけでなく、肌の垢?まで一緒に浮いてきているのがわかります。

これまでの商品は無理やり化粧をこそげ落としているような感じがしていたのですが、これはあくまでマイルドでしっかり化粧を浮かせて落としてくれ、しかも洗った後に顔がしっとり仕上がります。

少しですが毛穴の汚れも減ってきている感じもします。

なにより顔全体の潤いが続くのが嬉しいです。

使用して三か月、即毛穴レスの肌!とはいきませんでしたが、確実に効果は出ているので、しばらくは続けようと思います。

酵素を効率的に摂取するにはサプリメントを使うのが一番だと思います。
特に最近では生酵素が効果的だとか。生酵素の効果についてはこちらのサイトが参考になります。
http://blingring.jp/
アミノハニー酵素と言うサプリの広告サイトなのですが、生酵素の効果について詳しくまとめられているので参考になります。

洗顔をした後きちんと洗い流していたつもりがたまにスクラブが肌に残ってしまっている

私は数年間某社のスクラブ入り洗顔を使っています。

以前まではスクラブが入っていない洗顔を使っていたのですがニキビが気になり始めCMでもよく目にしていたのでこのスクラブ入り洗顔を使うようになりました。

まず、使い始めて今までの洗顔と違ったところはスクラブが入っているので毛穴の奥の汚れまできちんと洗われているような感じがしたところです。

洗顔前の顔と比べてみると気になっていた黒ずみがなくなっている様でした。

この洗顔を使うとスクラブが入っているおかげで洗顔している感がありとてもスッキリ出来ました。

また、悩んでいたお肌のトラブルもこの洗顔を使い出してから徐々になくなっていったのでこの洗顔を使ってみてとても良かったと思います。

しかし、良いところもたくさんありますが使っていると少し気になるところもあります。

洗顔をした後きちんと洗い流していたつもりがたまにスクラブが肌に残ってしまっているところがあります。

特に肌には支障はありませんがその点が少し気になるところではあります。

ですが、やはり数年間使ってきたお気に入りの洗顔で洗った後のスッキリ感も好きですしお肌のトラブルも解決してくれるこの洗顔をこれからも使い続けていきたいなと思います。

モンローウィンクを付けるタイミングはいつが良いのでしょうか?
モンローウィンクを付けるタイミングについては口コミを見るのが一番だと思って探していました。
口コミサイトにタイミングについては書いてあったのですが、キャンペーン情報も載っていたのでもっと早く知りたかったです。

メイクを楽しめるのは女性の特権でもありますが毎日ああ面倒だ…と思いながらメイクしている!

メイクを楽しめるのは女性の特権でもありますが、ほとんど毎日、ああ面倒だ…と思いながらメイクしています。

朝の忙しい時間帯はたった1分でも惜しいので、できることなら眉だけ描いて出かけられたらいいのに、と思ってしまいますが、
10代の女の子ならいざ知らず、アラサーともなるとそうもいきません。

近頃はファンデーションよりお手軽なBBクリームなど、ひとつのアイテムでメイクができる商品もたくさん売られていますが、
ある程度の年齢になるとそれだけではお肌の粗が隠しきれなくなってくるので、結局は化粧下地やコンシーラー、パウダーなど、
様々なアイテムを使うことになるので、その手間がとにかく煩わしく感じます。

旅行に行った時などは荷物を少なくしたいという思いもあるので、いくつもメイク用品を持っていくのが面倒で、いつも使っているけれど
かさばるから置いていく、なんていうこともよくあります。

さらに、夏と冬では肌の状態もまったく違うので、それぞれ季節に合わせて下地やファンデーションを変えねばならないことも面倒なので、
オールシーズン使えて、ひとつのアイテムでベースメイクが完了できる、夢のようなアイテムがいつか現れないかな〜といつも思います。

ベースメイクのほかにも、アイメイクが大変です。

私は視力が悪いのでコンタクトレンズを使用しており、1日に何度も目薬を差します。

そのため、どうしても目の周りのメイクが崩れやすくなってしまいます。

滲みにくいマスカラを使用しても、やはり完全に防げるという商品には
なかなか出会えませんし、落ちないようにトップコートを使うと、今度はクレンジングが大変になってまつ毛に負担がかかってしまいます。

本当にメイクの悩みは尽きません。

おススメの全身脱毛サロンはどこ?
http://xn—jp-dw1e522jl00a8yt.net/
脱毛サロン選びのコツと料金や回数について詳しく載っていました。

疲れている時でも化粧を落とさず寝ると肌がボロボロになってしまうので必ずメイクを落とさなくてはならないのがとても面倒

大人になると、なんとなく化粧をするのがマナーな感じがあり外出や仕事の時どんなに面倒でも化粧をしなくては行けないのが大変です。

またシーンや季節に合わせて、化粧の雰囲気を変えたりするのも大変です。

化粧品の種類もたくさんありますし、自分に合うものを探すのも容易なことではないです。

自分に合っていたと思っても近くのドラッグストアなど購入できる場所での販売がされなくしまった場合は、また何か違うものを探さなくてはなりません。

ファンデーションひとつとっても、秋冬はリキッドを使用したり、崩れやすい夏場はおしろいを使用したりと厚化粧にならずに、崩れないようにしっかり化粧するのは難しいです。

それから私は一重でかなり瞼が腫れぼったいので、アイメイクはかなり大変です。

二重テープやのりを使用しますがなかなかうまく行かないことも多く、まつげも瞼に隠れてしまうので、マスカラをつける時も瞼についてしまうことがあります。

眉毛を書くこともあまり得意ではないのですが、すっぴんだと眉毛がないので、毎日書かなくてはならないのが大変です。

眉毛は流行りがありますし、うまく自分に取り入れるのも難しいです。

どんなに疲れている時でも化粧を落とさず寝ると肌がボロボロになってしまうので、必ずメイクを落とさなくてはならないのがとても面倒に思います。

しっかりアイメイクは落とすのも簡単ではないです。

またメイク用品の定期的な洗浄は大変ですし、面倒だと思います。