私の今までにもらった中での頂点

“は、小学校の乳児が昨年の私の生まれに、贈呈してくれたストラップ。
世界で頂点、気持ちのこもったワンポイントもののストラップやリングやネックレスを作ったり講じる作業場にいって、一所懸命ちっちゃな石を研磨したりして、1つづつ石を磨いたり削ったりしてストラップを作ってくれて贈呈してくれたストラップが、頂点嬉しかった贈呈の1つ。
エプロンしてメガネして軍手して、半日かけてつくってくれた系統。
涙が出そうなぐらい嬉しかった。
『マミー、生まれおめでってー』ってニヤリして渡してくれて、家族でごはん食べをめぐって、至って幸せなお目見え会でした。
『マミーは、リングとかネックレスをよく終わるから、翌年はマミーにリングを作ってきて授けるね』って言ってくれて、ずいぶん楽しみにしてる。
おとうさんには、お箸を作って見せるとか言ってたなぁ。わたしが間違えて箸を投げ捨てちゃったから…
どこにいくにもしっかり親子によってお土産を買ってきてくれたり、記憶太陽を大切にしてくれるとっても容易い乳児だ。
自分のほしい物買ったり、自分のために作ったりできるっていいなという思ったりするぐらい。そんなことを、考えてるって、生まれ贈呈とか、何よりも乳児が、私の赤ん坊として、この世に産まれてきてくれたことが何よりも頂点素晴らしい援助なのかもしれない。
頂点、大切にしてあげたいなと想う大切な乳児が、私の一番のお気に入りであると想う。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です