元付き合っていた旦那からバースデーにもらったスヌーピーのぬいぐるみというお花

おんなじ企業にいたのですが、席を外している間に、スヌーピーの小振りなぬいぐるみが一本だけ赤い花を持って積み荷の上に置かれていた。ちっちゃい花一本だけだったが、ちゃんとペーパーに包まれていて、見た瞬間に感動してしまった。
これから聞いたら、お花屋ちゃんにようやく花を買いに行って、一本だけお願いして包んでもらってきたらしく、大きく思い恥ずかしかったといった照れ臭みたいに言っていた。バースデーが年の暮れなので、忙しくて本当の贈呈は他にあるからといった、持ち越しあらためて贈呈をいただいたが、やっぱりそっちを覚えていない…。
それまで恋からお花なんて貰ったこともなくて、あえてそのために買いに行ってきてくれた場所、大好きなスヌーピーにそれを持たせてコソコソ置いてあったことがやけに心地よくて、今まで一番キャリアにおける贈呈ですな~とおもう。元々、恋からだったら特別高額物でなくても好ましいし、それがちゃんと考えて選んでくれたモノですなと感じたらなおさら嬉しいと思っていたので、こういうサラッとした表現はとても印象的だった。あのお花は枯れても大事にしばし飾って眺めていたものである。
その後系が今一つ良くなくなって、今は至極会いたいとも思わない人だが…あのささやかなサービスのキャリアだけは未だに忘れられないもので、それを超えるものは現在まで他に感じ取れくらいである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です