久しぶりに出身に帰ってきた

子供たちが、夏休みなので、久しぶりに出身に帰ってきた。

私の帰宅を聞いた同級生や、幼馴染が、久しぶりに会おうと言ってくれたので、子供たちを、女性に預けて、夜の街へ繰り出した。

何時代風かの出身は、皆目変わってしまった事という、思い出深い事とが入り混じり、ヒステリックな内心になった。

久しぶりに昔の助っ人って、お酒を呑みながら話しているって、まるごと時刻横滑りしたかのように、あの内の話しで盛り上がり、あっと言う間にチャンスが過ぎて言う。

いい感じに出来上がっていたからか、同級生の元彼氏が運転するマイカーで貰うことにした。
傍らも一緒に。

傍らも私も酔っ払っていたし、久方振りの夜の街だったから、夜景を見に行きたくなり、彼氏に連れて行ってって頼んだら、定番の夜景周辺へ連れて行ってくれた。

車内から夜景を楽しんでいたが、外部を歩きたくなり、マイカーから降り1やつ真っ暗を歩いていた身。

山道の地形に気付かず、段差を踏み外し、派手に転んです。
お酒のせいか苦痛は僅かのだが、出血してるのがわかった。
マイカーに戻ったら傍らがあまりの怪我にびっくりして絆創膏をくれた。

血液が止まらないので単に送ってもらい、実家で援助をあたしでし、その日は寝た。

翌朝、あまりの苦痛に眼が覚め、膝を見て愕然とした。
両膝の出血と内出血がひどいし、あるくのもままならないほどつらい。
クリニックに行ったら膝を縫う大怪我だった。

子供たちをレクリェーションに連れていってあげられなくなってしまった…

久方振りの出身で羽が生えたように遊んだバチが当たったらしき。
当分酒は控えようという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です