夏場の会合

秋田県の三大盆踊りの一つに参加してきました。地元で小さな頃から参加してあり、小学校では部門都度、中学校では部活ごとにウソをし、3日光3真夜中歌い踊り続けていました。それが夏場の会合で当たり前でした。高校になると、ダンスに参加するのは恥ずかしくなり、屋台や知人との再会を楽しんでいました。ユニバーシティからは一人暮らしを始め、帰還代金も勿体なく、だんだん足が遠のいていました。但し、キッズが生まれてからは一緒に参加したいという情熱が強くなりました。6月収故郷の赤ん坊は1年で盆踊りデビューをしましたが、当時は人馴れしておらず、輪の中に入れずにいました。ただ、ダンスやBGMは大好きで、輪の出先で目を輝かせながら手拍子や足踏みを通していたのを思い出しました。あれから1クラス。今年はアドレスです都内のお祭りにも多数参加し、楽しむことができました。そうして、近頃、待機に待った地元の盆踊りに連れて行きました。会場が追いつくに連れ、太鼓や笛のノイズが聞こえてきて、間もなくポリシーが昂ぶる赤ん坊。到着するやいなや、自分から輪の中に入って行きました。ダンスは未だにわからないものの、周りに合わせて手拍子だけはことよくしていました。運、私の幼稚園ときの教員と横になり、幾らか赤ん坊と共に踊って取れることになりました。会場に来られなかった父母のために、孫の楽しそうな組み合わせをカメラにおさめることができて良かったです。赤ん坊は家に帰るやいなやじじばばに撮影を見せていました。その組み合わせもとても楽しそうでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です